働く女性のためのITお役立ち情報

働く女性の目をブルーライトから守る2つのアイテム

  • LINEで送る

働く女性は目をブルーライトから守るべき!

仕事でパソコン
プライベートでスマートフォン


常に液晶画面を見続けている私たちは
ブルーライトにさらされ続けています。

ブルーライトは

第三の紫外線

と言われるほど、
紫外線に近い波長で、
パソコンやスマートフォン、ゲームや液晶テレビなどから発生します。

ブルーライトが人体に与える影響はいろいろですが、
美容を意識する女性が気にしておきたいブルーライトの影響として

  • 睡眠

の3つがあります。

 

 

今すぐやるべきブルーライトの3つの対策として
それぞれ、

  • 睡眠への対策
  • 目への対策
  • 肌への対策

について説明しましたが、

今回は、

ブルーライトから目を守るための具体的なアイテム

をご紹介します!

 

なぜブルーライトから目を守るべき3つの理由

なぜ、ブルーライトから目を守る必要があるのでしょうか?
ブルーライトが目へ及ぼす3つの悪影響が関係しています。

  1. 眼精疲労
  2. ドライアイ
  3. 睡眠への影響

です。

 

ブルーライトで眼精疲労

ブルーライトは波長が短いため、光にチラつきがあります。
それが眩しさやチラつきなどの原因により、脳はピント合わせに苦労し、眼精疲労が出てきます。
眼精疲労が続くと、頭痛を引き起こすとも言われています。
また、無理にピントを合わせようとして、肩こりや首のこりにもつながってきます。
肩こりや首のこりから頭痛を引き起こす場合もあります。

ブルーライトでドライアイ

今、こうして記事を読んでくださっている、あなたの目がそうなっているかもしれません。
液晶画面を凝視することで「まばたき」が減り、角膜の乾燥につながります。
それが『ドライアイ』の原因になります。

ブルーライトで睡眠障害

ブルーライトは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を抑制する効果があります。
「メラトニン」の分泌量が多ければ眠くなり、少なければ目が冴えてくるのですが、
ブルーライトによって「メラトニン」の分泌が抑えられるということは、眠くなくなるということです。

夜寝る前にスマホを操作しないほうがいいと言われるのは、
「メラトニン」の分泌が抑えられ、寝られなくなるからです。

夜になっても眠くならないと睡眠時間が短くなり、睡眠不足になっていきます。

睡眠のサイクルが乱れ、質の良い睡眠を取ることができなくなり、睡眠障害になってしまう可能性があります。

 

  1. 眼精疲労
  2. ドライアイ
  3. 睡眠への影響

の3つを防ぐためにも、ブルーライトから目を守っていく必要があります。

 

働く女性の目をブルーライトから守る2つのアイテム

ブルーライトから目を守るためのアイテムは2つあります。

目薬 と ブルーライトカット眼鏡

です。

 

目の健康を守るために目薬をさす

ブルーライトから目を守るアイテムの一つ目は
ずばり、

目薬

です!

目の疲れ、痛み、目の乾き、見にくさなど、目に違和感を感じたら
目薬をさすことで軽減されます。

 

日本眼科医会によると、
目薬の正しい使用法は

  1. 目薬は1、2 滴させば充分です。
  2. 点眼後は目を閉じて、目薬が目の表面に広がるようにしてください。
  3. 2 種類の目薬をさすときは、間を5 分くらいあけましょう。
  4. 指定された点眼回数と量を守ってください。

と言われています。

 

おだゆきえ
おだゆきえ
目薬がいいのはわかっているけれど
女子はやっぱり、
アイメイクが崩れてしまう
というのが気になりますね

ちなみに私は目薬がコワくてさせません

手っ取り早くブルーライトから目を守る眼鏡

ブルーライトから目を守るアイテムといえば

ブルーライトカット眼鏡

です!

 

ブルーライトカット率がポイント

ブルーライトカット眼鏡には、
ブルーライトカット率というものがあります

メーカーさんによりますが

約35%カット

約50%カット

というように2種類の展開をしているメーカーさんが多いです。

 

Zoffは、

35%カットと50%カットの2種類

JINSは、

25%カットと40%カットの2種類と
キッズ用に25%カットの1種類

(2020年6月時点)

 

このブルーライトカット率で大きな違いは

レンズが色づいているかどうか

です。

例えば、

ブルーライトカット率が約35%のレンズは
比較的、透明に近く、

ブルーライトカット率が約50%のレンズは
色づいています。

ブルーライトカット率が約50%のレンズは
目立つほどではないですが
メガネをかけたとき、若干、レンズが暗く
角度によっては、色眼鏡に見えることもあります。

オフィスで使う目的で、
周りの目が気になるようでしたら
ブルーライトカット率約35%のメガネを選択することをおススメします。

 

私も、ブルーライトカット率が35%のモノと50%のモノと両方持っていますが、
オフィスで使うときは、周りの目も気になりますし、35%のモノを使用していました。
50%のモノは、若干、視界が暗く感じます。
(本当に若干ですけど)

メーカーさんは

長時間、パソコンやスマートフォンをしよする場合
ブルーライトカット率が高いほうをおススメ

しています。

 

おだゆきえ
おだゆきえ
ブルーライトカットのPCメガネを使うと
午後からよく起きる頭痛がなくなりました

(個人の感想です)

 

ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、
瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、
眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響しますので、

取れる対策は取って
目を守っていきたいですね♡