働く女性のためのITお役立ち情報

WindowsとMacのショートカットキーを徹底比較!

  • LINEで送る

WindowsとMacのショートカットキーを比較

Windows歴25年の私が、Macbookを使い始めて戸惑ったことのひとつに

ショートカットキー

があります。

 

ショートカットキーって何?

ショートカットキーとは、

例えば、

コピーの場合、
マウスを右クリックして[コピー]を選んだり
メニューバーから[コピー]を選んだり
する代わりに
キーボードの操作だけでコピーができる

機能のことです

 

マウスを使うと

マウスで右クリック

「コピー」を選択

と2ステップ必要なところ

キーボードを使うと

Ctlキー + C

を押すだけの1ステップで完結

します!

 

ショートカットキーを使うと作業効率が上がる!

2ステップが1ステップで終わる

ということは、数秒の違いが生まれます!

パソコン操作をしていて
この数秒の積み重ね
が実は、

積もり積もって作業時間が短くなるか、長くなるか

つまり

作業効率がよいか、悪いか

に繋がってきます♡

知っていると知らないとでは大きな違いになりますね!

 

WindowsとMacのショートカットキーが違う!?同じ!?

Macを使い始めたとき、

「WindowsとMacとではショートカットキーが違うのではないか!?」

という漠然とした不安がありましたので、
改めて、
WindowsとMacとの比較としてまとめてみました。

 

ショートカットキーはたくさんあって、
ここですべてを挙げても覚えきれないと思います。

すべてを書き綴られると、
「こんなたくさん覚えられないよぉー」
と、パソコンに対して拒否反応が出てしまうこともありますよね。

実際に私も、
ショートカットキーをめちゃくちゃ使いこなしているわけではありません。

20年間システムエンジニアをしていて、使っているショートカットキーは10個程度です。

なので、今回は

これだけ知っていれば、不自由なし!のショートカットキー厳選10個

について、WindowsとMacとで比較してご紹介します。

 

知っておけば不自由なし!ショートカットキー厳選10個

よく使う、これだけ知っておけば大丈夫!というショートカットキー10個をまとめました。

     Windows  Mac
 1  コピー  Ctrl+C  Command+C
 2  貼り付け  Ctrl+V  Command+V
 3  切り取り  Ctrl+X  Command+X
 4  全選択  Ctrl+A  Command+A
 5  やり直し  Ctrl+Z  Command+Z
 6  元に戻す  Ctrl+Y  Command+Y
 7  太字  Ctrl+B  Command+B
 8  アプリケーション切替え  Alt+Tab  Command+Tab 
 9   バックスペースキー  BackSpasce   BackSpace
 10   1文字削除(デリートキー)   Delete  Fn+BackSpace 

 

Windowsは Ctrl キー

Macは Command キー

という違いなだけで、ほぼ同じです!

こうして一覧にまとめてみると

WindowsとMacとのショートカットキーに
劇的な違いがあった!

ということはなく

WindowsとMacのショートカットキーは
実はそんなに変わらない

ということに気づけます。

つまり、

Windowsに使い慣れているからMacは使いづらいのではないか?
Macを使い続けているからWindowsは使いづらいのではないか?

というのは、思い込み!ということがわかりますね。

 

WindowsとMacのショートカットキーの違い

Macにあって、Windowsにないショートカットキーがあります。
それは、

1文字削除

です。

 

なぜなら、

Windowsには Delete キー があるけど

Macには ない

からです。

それではどうするのかというと、

Macで1文字を削除したい場合、Deleteキーの代わりに

Fn キー + BackSpace キー

を使います。

これは覚えないと使えないですね。
私もまだ覚えてなくて、
わざわざしたい文字の後ろにカーソルを合わせて、[BackSpase]キーで1文字削除しています。
めちゃくちゃ不便です (;´・ω・)

 

 

ショートカットキーをマスターすると効率が3倍UP!

ショートカットキーは、

絶対に覚えないといけない!

というわけではないですが
覚えて使えると、

本当にパソコン操作が楽になって早くなる

ので、ぜひぜひパソコン作業の際は取り入れてみてくださいね!